モビットなら便利

モビットで借りれば借り換えでも生活費でも便利に使えますよ

キャッシングからお金を借りるとき、勤続年数が長いほうが絶対に有利となります。利用者の勤続年数を見てみると、3年以上という方が多くなっています。新規契約をする年齢層を見ると、20代~30代が多くなっていますので、極端に勤続年数の長い方は少ないようです。

 

勤続年数10年以上という方は少なく、これは途中で転職することも関係しているのです。勤続年数は3年以上あったほうがいいですが、それ未満でも借りられることはあります。キャッシングは20歳以上、一定収入ありが条件となっており、18歳から仕事に就いたとしても、20歳では勤続年数2年にしかなりません。

 

そのため、勤続年数が短くても借りられるケースは十分にあるわけです。勤続年数が短くても借りやすいのは公務員です。公務員は年収が高いという印象があるかもしれませんが、実際はそうでもありません。公務員は高給というイメージを植え付けているのはメディアなのです。

 

生涯年収を見てみると、会社員とあまり変わらないのが現状であり、決して高給とは言えません。しかし、リストラの危険性が極めて低いため、融資には柔軟に対応してくれることが多いです。勤続年数1年ちょっとでキャッシングの審査に通った方も実際にいます。
イオン銀行カードローン審査

続きを読む≫ 2017/09/24 19:51:24

自動車ローンなどの目的ローンは、利用したいと思ったならその都度審査を受けなければなりません。以前審査を受けたからといって、今回は審査を受けなくてもよいなどということにはなりません。それに、揃えなければならない必要書類も何度審査を受けても同じです。

 

しかも、以前利用した時と同じ限度額を利用できるとは限りません。審査の結果、限度額が以前より減らされてしまうこともあるのです。中小の消費者金融が提供しているローンのなかには、目的ローンと同じようにその都度審査が必要なものもあります。ですが、カードローンはそのようなことはありません。

 

一度審査を受けてローンカードが届いたなら、そのローンカードを利用していつでも好きな時にお金を借りることができます。まるで自分のお金を引き出すように利用することができるのです。借入も返済もローンカードを利用すれば簡単にできますし、途中で利用限度額が減らされてしまうようなこともありません。
参考:http://www.cardloan-o.com/file/zougaku.html

 

このようなカードローンの貸付方式のことを極度貸付方式といいます。この方式を当たり前のように思っていますが、そうではないローンもあるのですからカードローンのこの極度貸付方式は考えている以上に大きなメリットをもたらしてくれるものではないでしょうか。

続きを読む≫ 2017/09/24 19:51:24

プロミスなどでキャッシングをする上で無利息期間はあった方が良いのでしょうか。それともない方が良いのでしょうか。それは、キャッシングをする人の考え方によると思いますが、大半の人は、無利息期間があった方が良いと考えることでしょう。

 

ただし、一部の人はない方が良いと考えるかもしれません。ない方が良いと考える人の多くは、無利息でキャッシングができるという甘えが出てしまい、キャッシングをしすぎてしまうし、返済をする意識が甘くなってしまうリスクもあるという意見が多いようです。あった方が良いという考え方の人は、無利息でキャッシングができるなら、こんなに得することはないとポジティブに考えることが多いみたいです。

 

統計的には、やはり後者のポジティブに考える派が圧倒的に多いという結果になります。大手のカードローン会社の中にも、無利息でキャッシングができる企業がいくつかあります。その中でも一番人気が高い多くの利用者から支持されているのがプロミスです。

 

プロミスはテレビコマーシャルでもお馴染みですが、本当に低い金利で有利にキャッシングをすることができます。しかも、初回のキャッシングなら30日間の無利息期間がついてくるので、30日以内に返済すれば利息はゼロ円です。

続きを読む≫ 2017/09/24 19:51:24

おまとめローンには、いろいろな方法があります。おまとめローンという名前のつく商品にまっこう勝負で挑んでも審査が厳しく玉砕されてしまうケースも多いのです。

 

なにも、おまとめローンという名前がつく審査が厳しい商品にまっこう勝負をかけなくても、別の方法でおまとめローンと同じ効果を出すことができるのです。例えば、おまとめローンの審査に落ちてしまったら、審査に受かる可能性のあるフリーローンで、少額キャッシングを複数します。少額のキャッシングでフリーローンなら、審査に受かる可能性は十分にあるのです。

 

10万円や20万円の少額キャッシングを複数増やし、しっかりと返済を続けるのです。継続して数か月も返済を続けることができれば、そこで大きな信用を蓄積することができます。その信用を蓄積することで、少額キャッシングをしたカードローン会社から、大口のキャッシングができる可能性が出てくるのです。

 

もちろんすべてのカードローン会社で大口のキャッシングができるわけではないので、実際に相談してみて、その可能性があるカードローン会社を絞りこむのです。最後に、その可能制が高いカードローン会社でおまとめローンの申し込みをすれば、審査に受かる可能性も高くなるのです。

続きを読む≫ 2017/09/24 19:51:24

モビットという金融会社では、審査があります。それで重視される項目は色々とあるのですが、その中の1つは他の会社からの借り入れです。人によってはこの金融会社に申し込みをする前に、どこかの会社で借入をしている場合があるのです。その借入の件数が何件なのかは、この金融会社では審査される事になります。

 

では具体的に何社なのかというと、1つの目安としては4社程度と言われています。例えばAさんは5社から借り入れをしていて、Bさんは2社から借り入れをしているとします。ご覧の通りBさんの方が借入件数少ない訳ですので、Bさんの方がAさんよりも審査に通りやすい傾向があるのです。

 

このため他社からの借入件数が多い方などは、少し注意を要するでしょう。ちなみに過去に3件から借りていて、この金融会社での審査に通った事例はあります。

 

また借入件数だけでなく、他社での延滞の有無なども見られる事になります。例えばもしも他社からお金を借りていて、滞納などが発生していたとします。その場合はモビットでの審査には通りづらくなる傾向があります。事故情報として登録さているからです。つまりモビットでは、他の会社からの借金の状況などは重視されると考えて良いでしょう。

続きを読む≫ 2017/09/24 19:51:24